川中島古戦場史跡公園

5度にわたって繰り広げられた武田信玄と上杉謙信の川中島の戦いの中で、永禄4年(1561年)の戦いの舞台になったのが八幡原。ここでの戦いが最も厳しく、副将・武田典厩信繁、山本勘助ら多くの将兵が戦死した。

史跡公園の松林には八幡社が静かにたたずみ、境内には信玄・謙信両雄一騎討ちの像や三太刀七太刀之跡の碑、首塚などがある。

所在地: 長野市小島田町1384

アクセス: 上信越自動車道長野ICから車で5分

駐車場:大型バス11台、普通車145台(内身障者用5台)

    ※夜間閉鎖(利用可能時間 3~11月:8:30~21:00、12~2月:8:30~17:30)

☆入場無料

https://www.nagano-cvb.or.jp/modules/sightseeing/page/56

北信濃・妙高エリア観光情報 ふるさとを旅する

北信濃観光連盟のホームページです。北信濃・妙高エリアの情報を発信しています。